3月になって始めての日曜日は、冬に逆戻りしたような寒さです。

冷たい雨が、一日中降っていました。

毎日気温がジェットコースターのように、変化しています

********************

 土曜日は、デスク仕事をしていました。

夕方になって、外に出ると「おや?」

眼がかゆい・・・・・・花粉のせいかしら・・・?

だんだんかゆみがひどくなって行きました。

そして今朝、目をさますと・・・めっ!眼が開かない!!

********************

 目やにがたくさん出ているようで、(お詫び・・・きれいな話しではなくて)慌てました。

明日から出張なので、何とかしなくては・・・

インターネットで、日曜日も診療している眼科を血眼になって探し、やっと発見

雨の中を新宿まで出かけました(ダッシュ!ダッシュ!)

********************

 診断の結果は、「アレルギー性結膜炎」でした。

花粉の季節は、1dayコンタクトレンズを使用した方が良いと、先生からアドバイスをもらいました。

原因が分かって、ひとまず安心です

診察が終わって会計の順番を待っていると、アンケート用紙を渡されました。

スタッフの対応について、電話の問い合わせ時、受付、医師の説明、看護師の応対、検査の対応と、答えるようになっていました。

********************

 「へぇ?、ここまでするのか・・・」確かに、皆さんとても親切でした

努力する病院は、着実に実行していることを実感しました。

スタッフの対応で、一番良かった(気に入った)のは、ドクターが広島弁のイントネーションで話してくれたことです

********************

 眼科のHPで事前に気がついていたのですが、いや?見事なアクセントでした

都会で聞くふるさとの言葉は、何とも言えずいいですね?☆

先生の話し方のおかげで、リラックスできたのかも知れませね

皆さんもお気をつけ下さい

投稿者:疋田 幸子
疋田幸子

法政大学専門職大学院イノベーション・マネジメント科修了 経営学修士
法政大学大学院職業能力開発研究所特任研究員
株式会社フロインド代表取締役