おはようございます!

暑い1日が始まりました。

室内の気温は、すでに31℃

6時半過ぎに起きて、しっかり玄米ご飯を食べて活動開始です。

★…★…★…★…★…★…★

 昨日の午後、原稿を書いていたのですが、暑さが頭の中にしみて来たのか(言い訳です)、全く書けなくなってしまいました。

こんな時は、友だちに助けてもらうのが一番だと思い、電話をしました。

彼女とは10年来の友人です

医療関連のライターとして活躍しているのですが、会えない時は半年以上も連絡をしないこともあります。

それでも、「久しぶりね?」と言って、何ごともなかったように話せる有り難い友人です。

★…★…★…★…★…★…★

 彼女は、面白い話しを聞かせてくれました。

「素敵な看護部長にあったのよ」

「素敵って、どんな風に?」

「取材に行くと、どこの病院でも『私どもでは、電子カルテを導入し・・・云々』って、最先端の話しを聞かせてくれるの。でもその看護部長は違ったのよね?『私は看護の仕事が好きなんです』って。若い頃だったら、って感じだったけど、何だかとても納得できたの」

「分るわ?難しい言葉じゃなくて、自分の仕事を好き!って言えるのは、本当はすごいことよね??」

★…★…★…★…★…★…★

 二人で盛り上がり、長い電話になってしまいました(反省)

専門用語や横文字を並べて話しをされると、「ゴメンナサイ、勘弁して下さい」と言いたくなる時があります。

反対に簡単な言葉で本質を突かれると、「おっしゃる通り!感動しました」と、嬉しくなります。

自分の仕事が「好き」だと言える、くだんの看護部長は魅力的な人だと思いました。

★…★…★…★…★…★…★

 仕事に行き詰まった時、「誰のために」「何のために」という原点に帰ることは、重要ですね

ヒントを与えてくれる友人に感謝です♪

たまには、一緒に食事をしよう・・・と言いながら、暑いからね・・・とお互いそれぞれのデスクでため息をつく、オバサン(話しの内容は、オジサンかも知れないけれど)二人の、暑い午後のお話しでした

投稿者:疋田 幸子
疋田幸子

法政大学専門職大学院イノベーション・マネジメント科修了 経営学修士
法政大学大学院職業能力開発研究所特任研究員
株式会社フロインド代表取締役