こんばんは!

今日は暖かかったですねsun

「時間に遅れる?run」と、大学院の研究室に小走りで向いながら、

「あっ!暑い!!コート着てくるんじゃなかった・・・汗」という感じでした。

+。◇。+。◇。+。◇。+。◇

 午後から打ち合せが続いたのですが、共通して感じたことは、

「人も組織も変化する」ということです。

急速な時代の変化に合わせて、組織も変化が必要です。

しかし組織の変化を肯定的に受け止める人ばかりではありません。

+。◇。+。◇。+。◇。+。◇

 「現場を知らないで決めたことだ」「これまではこうやってきた」

「会社は理解していない」などなど。。。

厳しい要求が続くと、誰だってネガティブな気分になります。

しかし会社が倒産しては、元も子もなくなります。

その折り合いをどこでつけるのか・・・?

ここが思案のしどころですねblush

+。◇。+。◇。+。◇。+。◇

 同じ仕事のやり方を長く続けていると、別の工夫を思いつかなくなります。

そのため大きなビジネスチャンスも見逃してしまうことになります。

これまでよりも半径10?ほど視野を広げてみる。

今よりももう一歩先を予測する。

ほんの少し、視点を変えてみることが、変化に対応できるヒントではないでしょうかenlightened

+。◇。+。◇。+。◇。+。◇

 そして時折、みんなでワイワイ食事をするbeer

食べながら、飲みながら、普段は話せないことを話してみるbar

変化をしても人であることに変わりはないし、組織は人で構成されていますからhappy01

投稿者:疋田 幸子
疋田幸子

法政大学専門職大学院イノベーション・マネジメント科修了 経営学修士
法政大学大学院職業能力開発研究所特任研究員
株式会社フロインド代表取締役