おはようございますsun

毎日、不安定なお天気が続きますね・・・

皆様、外出のときはくれぐれもお気を付け下さいdanger

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

先週、娘の運動会を見るため、実家の八戸から

父が上京しています。

父との会話はいつも仕事のこと。

父がかつて仕事をしていたときの経験を話してもらっています。

*‘・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

組織運営、人材育成について、疑問に思った時、

いつも父からその経験を聞くことにしています。

今朝の話題は、

「仕事ができない人は本当に仕事ができないのか」

でした。

「あいつは仕事ができない!何でできないんだろうannoy

というフレーズを聞いたことはありませんか?

この言葉は、上司が主体になっていると思うのです。

「仕事ができない、何でできないんだろう」の次に

部下を主体にして、「どうすればできるようになるのだろう」と

考え、行動することが人材育成だと思うのです。

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

父にそのことを話したところ、

「人材育成は目配りだeye」と一言。

とにかく、育てたい人材を見ていることにつきるそうです。

人材育成は手がかかるとは、このことですね。

一つのことを教えて、それが完璧にできるようになるまでは、

見て、手をかけて、初めてその仕事が一人前になります。

仕事と言っても、とても小さな仕事かもしれません。

しかし、その積み重ねが人材育成

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

今日も朝からありがたい”先輩”の一言をいただきましたcoldsweats01

投稿者:下田 静香
下田静香

法政大学専門職大学院イノベーション・マネジメント科修了
経営学修士