こんばんは!

本格的なtyphoonですね。  強い風と雨が続いています。

今朝は埼京線の事故の影響を受けて、池袋駅で20分の立ち往生になりました。

列車の後部がホーム手前だったため、ドアも開かず

じっと我慢でした。

関係各位にはご心配とご迷惑をおかけして、申し訳ありませんでした。

~*~*~*~*~*~*~*~*

 昨夜は、藤村先生主催の人事関連の勉強会に出席しました。

就業力育成(働く力を育てる)のための、

ドラマを法政大学が制作をしたので、それを見ながら

若年層の問題について考えました。

いや~、なかなかの作品でyesでしたsign01

~*~*~*~*~*~*~*~*

 彼らの大きな特徴の1つに「教えられ慣れている」があります。

「教えてくれないからできない」 「聞いていない」など、

自分から仕事に関する知識や技術を習得する姿勢が育っていません。

もちろん彼らの問題ですが、彼らだけの問題とも言えない。

だって子供は自分の成長について主導権を持っていませんから。

すべては環境の産物と言っても過言ではありませんねthink

~*~*~*~*~*~*~*~*

 どうすれば、意欲的に仕事ができるのか?

何を指導すれば良いのか? 様々な意見が出ました。

多くの意見は、「『スキル』を教えて解決する問題ではない」でした。

もっとその手前を埋めなければ、奇妙な誤解が生まれそうです。

これは根源的な問題なので、本当に根が深い。。。

~*~*~*~*~*~*~*~*

 「家庭の責任」「学校の責任」と他者に責任を転嫁するのは簡単ですが、

私たち全員が、当事者であることを忘れてはいけないと思います。

格好いいビジネススキルではなく、もっとドロドロしてカッコ悪くて

泣きそうで、でも嬉しさもある。

そんな・・・ドロドロ、ぐちゃぐちゃ、メソメソ、ワクワクnote

飽きないで、諦めないで、それを伝えていきたいですねhappy01

それが、先を生きる大人の責任だと思いますよflag

投稿者:疋田 幸子
疋田幸子

法政大学専門職大学院イノベーション・マネジメント科修了 経営学修士
法政大学大学院職業能力開発研究所特任研究員
株式会社フロインド代表取締役