こんにちはsign01

今日は涼しい日になりそうですが、

台風は過ぎ去ったものの、また雨rainが心配ですね。

今日はこれから明日の研修のため、仙台に移動です。

雨が降る前に出かけようと思います。

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

ある院長先生から、評価に関するご相談をいただきました。

評価をするとき、一定期間内の伸び率で評価すべきか、

絶対値で評価すべきかというご相談でした。

院長先生は、これから各部署長に対して、

部署の達成してほしい数値目標をお伝えする面談準備の際、

疑問に思ったとのことでした。

(とってもご熱心な院長先生ですnote

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

次のようにお応えしました。

病院として、必ず達成したい数値目標は、絶対値評価でと。

そもそも、数値目標は病院経営存続のための

収益性の視点から必要なことです。

また、一方で収益性を高めるだけでは、質の維持向上は

疎かになってしまいます。

本来の「私たちの事業は何か」が目標設定の指標になることであって、

その代理指標として数値目標が設定されることなのだと思います。

事業が成り立つために、絶対に死守すべきことは外せないということですね。

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

ただし、絶対値の評価は、部署を任せられている部署長に対するものであって、

個々のスタッフの目標は、育成段階であれば、伸び率で評価する方が

達成感、自己効力感を醸成することができますから、

その方が効果があることもお伝えしました。

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

絶対値か伸び率かは、

すべきことが確立されている事業、部署は絶対値

新規もしくは発展段階にある事業、部署は伸び率

ではないかと思います。

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

ところで、このご質問で、改めて考えることができました。

やはり、質問されることは私自身も勉強になるので、

質問される人になれるということは、自分の成長になりますねflair

どんどん質問してもらえる人材になりたいなぁと思いました

投稿者:下田 静香
下田静香

法政大学専門職大学院イノベーション・マネジメント科修了
経営学修士