こんばんはsign01

今週末、娘の小学校は前期修了のため、

お待ちかねの(母だけですが・・・・)通信簿をもらってきます。

昨晩、娘に言ったこと。

「通信簿を見て、頑張ったことと、反省すること考えておいてね!」

まるで、フィードバック面接のようですねcoldsweats01

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

昨日は、宇都宮の病院で、評価者研修に行ってまいりました。

研修の対象者が大勢のため、2日間に分けての研修。

昨日の受講者は、約60名。

約5年ぐらいお世話になっている病院ですが、

毎回毎回、管理者の皆さんは必ず、参加してくださいます。

(感謝heart01

今回は、上半期の人事考課結果のフィードバックについてと

行動評価の事例研究をテーマにしたプログラムです。

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

研修が終わってから、ご質問を受けました。

上司側からのフィードバック、部下からの自己評価の説明のやりとりを

面接だけではなく、普段からメールでやりとりしていいものかsign02

というご質問です。

かつても今も、部下とのコミュニケーションの方法は、対面が中心です。

しかし、メールやSNSがコミュニケーションの手段の一つとなった今、

部下とのコミュニケーションにも取り入れてもよいと思います。

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

ただ、間違えてはいけないことは、

メールやSNSがコミュニケーションの主流になってしまうことdanger

お互いに言いにくいことをメールで・・・・ということもありでしょうが、

言いにくいことをメールで言ったきりにしてしまい、

対面でそのことについては、触れることはない・・・ということは

ないようにしたいものです。

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

対面のコミュニケーションを主体とした上で、

それを補足する方法としてメールはSNSを活用することが

大切だと思います。

うまく使い分けをすれば、よりよい部下とのコミュニケーションが

とれることを期待できますねgood

 

さぁ、明日は同じ病院で後半戦punch

明日の受講者の皆様、よろしくお願いいたします<m(_ _)m>

投稿者:下田 静香
下田静香

法政大学専門職大学院イノベーション・マネジメント科修了
経営学修士