こんにちはsun

昨日は結構な雨が降りましたね。

ひと雨ごとに涼しさから寒さに移り変わっていきますね。

でも、四季を感じ、それを話題にできることは、

日本にいてこそですねmaple

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

サポート先の病院で、いくつかの新たな取り組みをしています。

人材育成、組織活性化の様々な取り組みを試みています。

昨日、ある取り組みを進めるため、担当スタッフを決定し、

そのスタッフに取り組みの概要や役割を伝えました。

話をもちかけたとき、「え、私ですか?」という反応・・・

その後、取り組みの目的、進め方、担当者の役割、

問題発生時の対応など、かなり丁寧に説明をしました。

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

それほど複雑な作業でもなく、また担当者の今持っている能力を

存分に発揮してほしい仕事だったため、抜擢したのですが、

新たな取り組みだけに、話し始めのときは、やはり躊躇してしまったようです。

どんなによい取り組みでも、それがどんなに簡単な取り組みでも

その目的や問題発生時の対応が明確に説明できなければ、

実務担当者は納得しません。

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

昔々の仕事の渡し方は、作業の進め方を中心に教えることが

多かったと思います。

しかし、今は仕事の経験年数や年齢に関係なく、

その仕事の目的を明らかにし、担当者が納得するような仕事の渡し方が

大切なのだと思います。

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

新たな取り組み、新たな仕事を渡すときのポイントflair

どのように仕事を進めるの前に、

なぜこの仕事が必要なのかが先なのですねgood

投稿者:下田 静香
下田静香

法政大学専門職大学院イノベーション・マネジメント科修了
経営学修士