こんばんはsign01

今日から寒波snow 横浜も冷たい強風、お天気はよいものの、寒々しい一日でした。

そして明日は、いとこの結婚披露宴ring

久しぶりのパーティードレスsign02にあたふたと今日準備をしておりました。

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

さて、一昨日は東京都社会福祉協議会で人事管理研修会でお話しいたしました。

今年度全3回で企画している研修会。

対象は、都内社会福祉法人の施設長、事務長の皆様。

多くのご参加、ありがとうございます<(_ _)>

目的は、文字通り、介護施設で働くスタッフが一番いい状態で仕事ができる環境を整えること。

今回は第2回で、絵に描いた餅にしないキャリアパスの運用をお伝えいたしました。

ちなみに第1回は、「人材が定着する組織づくり」ででした。

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

介護施設では、介護職の賃金底上げ、人員確保のために厚生労働省が2009年に

「キャリアパス」を構築・運用している施設には、

介護職の賃金上乗せできる交付金を支給しますよ!という仕組みを作りました。

しかし、2009年以降、正直なところ、これをきっかけにキャリアパスという「書面」での

申請はできているものの、実際はほとんど運用を進めていないのが実態・・・も見てきました。

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

そもそも、いきなりカタカナで「キャリアパス」ということ自体も私自身は疑問でした。

要は、「人事制度でしょsign01」と言いたいのです。

そして、介護施設も多職種が協働して、利用者さんのケアに携わります。

なのに、介護職の「キャリアパス」を運用していればよしとする交付金が

ちょいと気にくわなかった・・・というのもあり・・・・

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

諸々の私自身の蓄積された疑問の数々があったことが

今回の研修会第2回目のテーマで取り上げてくださり、

研修が実現したという経緯があります。

3時間半の研修で、「絵に描いた餅にならない」ための明日からでもできることを

お伝えさせていただきました。

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

是非是非、カタカナことばの「キャリアパス」という

真新しいイメージを持たずに運用してほしい・・・ということ。

それだけは伝わっていた欲しいな・・・という想いでおります<(_ _)>

 

ちなみに第3回は、2月。

キーワードは「目標管理」。

フラットな組織の介護施設ですから、簡単な仕組みをお伝えする予定ですsign01

投稿者:下田 静香
下田静香

法政大学専門職大学院イノベーション・マネジメント科修了
経営学修士