梅雨らしいお天気になりましたが、大雨が気になる今日この頃です。

 

さて、ボイササイズも4年目を迎えました。始めたころは、声が出るようになりたい!朗読が上手になりたい!というリクエストが多くそちら方面に力を入れてカリキュラムを組んできました。

当時のメンバーは高齢の方が多く全員女性でくのんびりモードでしたが、現在は老若男女が集いそれぞれの目指すものも違うといったメンバーで行っています。

就活中の学生から、仕事でアナウンスをしている女性。はっきりした話し方ができるようになりたい・・・と様々な目標があります。

 

昨日のボイササイズで聞いたこんなお話sign01

「最近、ラジオを聴いていても人の話し方が気になるshineと。

ボイササイズで知識を学ばなければ知らずに済んだ事も、知ってしまうと人の話し方や自分の話し方を意識するようになった」と。(40代女性)

 

「宿題が出る事で、今まで休んでいた脳を動かすかのように、色々なことを次の発表までずーっと考えるようになり、それがとても心地よい」と。(60代男性)

 

興味深いですよねhappy01

みんな、そうですよね。アダムとイブのリンゴの話。イブはリンゴを食べて覚醒する。裸の自分が恥ずかしくなる・・・といった感じ。

いくつになっても学ぶ姿勢は大切ですし、疑問をもちながら考えるという動作は脳の働きにも関係してきます。

 

 

かくゆう私も、先週は東京で様々な勉強会に参加をさせていただき、あまりにも難しいお話に脳みそがぐちゃぐちゃ。耳から出る寸前sign03

脳がびっくりしたんでしょうね。

しかし、それを自分の中で整理整頓すると脳がすごい速さで回転するようになった事に気付きました。flair

脳のエクササイズですねscissors

ボイササイズでいつも皆さんに

「声を出したり話をする時筋肉を使います。筋肉は使わないと衰えますが、トレーニングですぐにつきますよ!」

とお伝えしているのですが、まさに脳も筋肉ではないかと・・・。

 

「考える」を辞めると、考えられなくなってくる。日々、何かしら刺激を入れる事って大切ですよね。

いつも自分がしない事や、やった事がない事にチャレンジしてみるのもいいかもgood

投稿者:福島 美智子
福島美智子

大学を卒業後、ビデオ製作会社にナレーターとして入社。
その後、フリーアナウンサーとして各種式典の司会、イベントや結婚式の演出や進行を含む司会者として活躍。
ボイストレーニングを基本に仕事や普段の生活で活用できるオリジナル手法「ボイササイズ」の考案や、人材育成研修講師として活動中。
NPO法人日本話しことば協会認定講師