ボイササイズは年齢、職種、性別、趣味も全く違う人たちが集まりますshine

そこでは、自分の知らない話を聞くことができとても興味深い2時間ですhappy01

 

昨日のことですが、テーマは「○○に物申す」と、「自由テーマ」で1分話してもらいます。事前に宿題としてお伝えしていますのでみなさんしっかりと文章にされてきますeye

 

ほほう!と感心する内容ばかりnote

 

その中で、「自分の話は重たくなるから・・・人がどう感じるかが心配です」という方のお話。

持病を持ってらっしゃるその方は、人と話すときに体が震えてうまく話せないというお悩みでした。

真面目な方でいろいろ心配しながら話す結果体に震えがきているようです。

でも、決してご本人が思うほど重たいお話はありません。楽しく知的なお話が多いですnotes

 

言葉選びは話全体の雰囲気やその人の知性も表します。が、難しい言葉を並べても意味はなく声や話し方、表情などの全体のバランスが大事。むしろ、知性のある人のほうが聞き手に合わせた言葉を選んで話してくれるものです。

自分の話が重たいのではないか?と感じている方は同じ表現でも違う言葉を使ってみましょう。漢語より和語に言い換えてみるとか、なるべくポジティブな印象のものsign01

 

たとえば、「あなたのせいでこうなった」を「あなたのおかげでこうなった」に変えると人の責任を責める印象から、感謝する印象に代わります。

「私は口下手で根暗なのよ」といわれたら「あなたは控えめでとても落ち着いた人だわ」と返してあげましょう。

物は言いようといいますが、目の前にいる人の良さを認めることが自分を認めてもらう第1歩。

名前の説明だって、「義雄」という説明ならば犠牲の義の字の人偏を取ったものに、雄雌のおす!…というよりは、正義のぎに英雄のゆうとかいて義雄です!といったほうがかっこよくないですか?shine

 

時と場合によれば、ダイレクトで辛辣な言葉も使いますが、言われた側の気持ちにたって「言われてうれしい言葉」のストックをしておくと人間関係がますます気持ちよくなっていきますよ。good

投稿者:福島 美智子
福島美智子

大学を卒業後、ビデオ製作会社にナレーターとして入社。
その後、フリーアナウンサーとして各種式典の司会、イベントや結婚式の演出や進行を含む司会者として活躍。
ボイストレーニングを基本に仕事や普段の生活で活用できるオリジナル手法「ボイササイズ」の考案や、人材育成研修講師として活動中。
NPO法人日本話しことば協会認定講師