こんにちは。

大変久方ぶりのブログアップです。

昨年秋に家族に不幸があり、お仕事とはいえ、ブログを書く気持ちになれず、

ついつい数か月が経過してしまっておりました。

ブログをご覧になっていた皆さまには、「何かあった?!」とのご心配を

いただだいておりました。お気にかけていただきましたこと、心より感謝申し上げます。

安心してください! 元気です!

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

さて、先週土日は、昨年度に引き続き、回復期リハビリテーション病棟協会主催の

セラピストマネージャースキルアップ研修会に行ってまいりました。

1日半の研修、組織づくり、人づくりを中心としテーマで、

ディスカッションあり、講義あり、情報交換ありのエネルギッシュな研修です。

約130名のセラピストの皆さんがご参加くださいました。(感謝!)

懇親会にも出席させていただき、たくさんのご質問やご相談を受け、

現場のお悩みを一緒に考える機会となり、大変貴重な経験を重ねることができました。

お会いできた130名の皆さまに心より感謝です!

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

昨年もそうでしたが、この研修会では自分自身の研修スタイルの確認をすることができます。

受講生の反応がとてもよいため、私の研修がどれだけ効果が出るのかを

”自分物差し”ではありますが測定することができます。

今回、2つのことを再確認することができました。

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

1つ目は・・・

組織や人をテーマにした研修は、座学だけで研修を進めることはできません。

組織も人も「いきもの」です。

よって、受講生が抱えている今の組織と人のお悩みを吸い上げて、

受講生が、「明日からできるかも!と思い、明日から本当に動ける方法」を提案するのが

このテーマの講師の役割だと私は思っています。

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

2つ目は・・・

弊社の研修スタイルは、ディスカッションをしている受講生の近くで発言内容を聞いたり、

資料にメモしていることにコメントしたりと、研修会場をぐるぐると歩き回ります。

それにより、受講生は研修中で考えたことをその場で講師や周りのメンバーに確認したり、

考えたことを整理したり、自分以外の人からの考え方の種類を増やすことができます。

講師が受講生に近づいていくスタイル、

この研修スタイルは引き続き、弊社の強みにしてまいりたいと確認いたしました。

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

フロインドは、2016年も明日から役立てる研修、サポートを提供してまいりたいと思います。

少し遅くなりましたが、どうぞ本年もよろしくお願い申し上げます。

投稿者:下田 静香
下田静香

法政大学専門職大学院イノベーション・マネジメント科修了
経営学修士