こんにちはsign01

桜から新緑へと季節は変わっていくようですね。

4月になると何だか色々忙しいsweat01

新年度だからでしょうか・・・公私ともにバタバタしていますrun

ブログの更新がなかなか出来ない・・・陳謝

---------

 先日、久しぶりに打ち合わせに伺った会社での話です。

次回の研修内容について担当者と話し合いました。

長いお付き合いのクライアントさまなので

ぶっちゃけ話を交えて、内容を考えました。

そして、最後に「●●が退職することになりました」

「え~っsign02

---------

 退職する女性(すでに退職?)は、産休中でした。

仕事のできる人で、頭が良くて笑顔の素敵な人です。

「どうして会社を辞めるんですか?」

「ご主人が転勤になったからです」「彼女は辞めたくなかったのでは?」

「もちろんですsign01仕事を続けたいと言っていました」

---------

 別居生活をしても職場復帰を望んでいたそうです。

しかし・・・結局・・・

諸般の事情で転勤に同行することになったとか。

第一子が生まれたばかりの女性は、仕事を辞めて家族と共に引越するのが、

「当たり前」「常識」なんでしょうか?

---------

 「すごく残念ですね。エースだったのにthink

「期待していただけに、会社としても残念ですsweat02

このような問題のよりよい解決法は、どこにあるのでしょうか?

転勤先でも同じ会社で働くことが可能な制度作りも重要です。

働き続けたい女性を周りがどのように理解し、サポートするかはもっと重要enlightened

男性の仕事も大切だけど、女性の仕事も同じくらい大事なことですpunch

---------

 「女性は誰もが働き続けたいと思っている訳ではないんですよ」と

女子学生の現状を発表されたキャリア教育担当の非常勤講師。

そうかもしれない。だけど、働き続けたい女性も大勢いるんですsign03

何故だか心の中で、大声で叫ぶ私でしたsign04

投稿者:疋田 幸子
疋田幸子

法政大学専門職大学院イノベーション・マネジメント科修了 経営学修士
法政大学大学院職業能力開発研究所特任研究員
株式会社フロインド代表取締役