おはようございます

「いっ、いったい日曜日の暑さは何だったの」というくらい

昨日から気温が  そして今日はからの予報。

体が季節の変化について行くのに慌てています

・・・・・・・・

 最近、セクハラがさまざまなところで話題になっています。

音声データの内容を聞くと。。。今どき?  あるんだ。。。官僚?

なるほどね・・・

確かにいましたよ。そ~ゆ~人。ある会社の支店長でしたっけ。

セクハラ発言がもとで転勤になったったそうです。

しかし1990年代の話です。

今回のセクハラ発覚後の対応を見ても、「何考えているんだろう

この種の問題に真剣に取り組む一般企業から見れば、

あっけに取られてしまうのではないでしょうか?

・・・・・・・・

 問題解決の対応が後手。セクハラ発言をかばう上司。

政治家対応がよくて、日本で5番目までに入る頭脳だそうで、

仕事は出来る人だったんでしょう、きっと。

でも普通の人から見ると・・・やはりです。

・・・・・・・・

 権力のある者が、そうではない人に向かって

言葉や態度などの暴力を振るうのは

やはり、相手の人権を損なうことだと思います。

・・・・・・・・

そう言うと、

「最近、何も話せなくなった」「指導ができなくなった」と

嘆く先輩や上司が多いのも事実です。

今回、発覚したのは、かなりスケールの大きな?ハラスメント。

それとも意外と身近にあることなのでしょうか?

・・・・・・・・

 「話せなくなった」とおっしゃる昭和のオジサンに提案です。

会話のバリエーションをもう少し広げてみてはいかがでしょうか?

指導できなくなったと嘆く皆さん、

指導の角度を少し変えてみてはいかがでしょうか?

あなたの経験と能力ならば、きっとできるはずです

・・・・・・・・

 我が国の政治や行政の中枢で

「これのどこが悪いの?」、のような発言が続くと、

「女性の輝く社会」は、まだまだ遠い気がします

・・・・・・・・

 女性も相手が悪いの連呼をしながらも、

自分たちの能力を、しっかり進めていきましょう

「オンナは黙って爪を研ぐ」・・・ですぞ

投稿者:疋田 幸子
疋田幸子

法政大学専門職大学院イノベーション・マネジメント科修了 経営学修士
法政大学大学院職業能力開発研究所特任研究員
株式会社フロインド代表取締役