いよいよ冬に突入という寒さの一週間でした

昨日は兵庫県まで研修に出かけてまいりましたが、

朝から夕方までの研修でした。

朝のキリリとした寒さが一日の研修の始まりをひきしめてくれました

2年ぶりに訪れる組織でしたが、ほとんどの管理職の方々は

変わらずご活躍されていらっしゃって、大変懐かしい想いで

研修を始めさせていただきました。

・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*

研修の半ばで、受講している管理者に対して、

経営者(母であり経営者です)からこんなお話がありました。

「部下を愛してください。子どもと同じだと思うんです。

私の娘は最近、心の病にかかってしまいました。

それは私が彼女の”病にかかっているというシグナル”に

気づいてやることができなかったのです。

きっと部下のみなさんも何かがあると管理者である皆さんに対して、

何らかのシグナルを発信していると思います。

だからこそ部下と面談をたくさんしてください。

そしてそのシグナルに気づいてください。

それが部下を愛することだと思います。」と・・・・

・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*

今まで人事制度を導入することで人材育成と組織活性化を

唱えてきたことが少し恥ずかしい気持になりました。

組織には、「頑張れる人」、「頑張れない人」、

「頑張りたいけれど頑張れない人」がいると思います。

頑張れる人ばかり注目する人事制度ではなく、そうではない人も

いる中で組織を動かす人事制度にしなければならないと思いました。

・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*・・・・・*

とても受講生や経営者から大切なことを学んだ一日でした

投稿者:下田 静香
下田静香

法政大学専門職大学院イノベーション・マネジメント科修了
経営学修士