東京は、一日中雨が降っていました。

真冬の寒さです

雨の中、バスを待っていたのですが、大渋滞でずいぶん待ちました。。。

やっとバスに乗ったのですが、やはり渋滞です。

仕方がなにので次の停留所で降りて、最寄りの地下鉄まで歩きました(寒かった?)

★━…‥━━━━━━…‥━★

 人材派遣会社の女性取締役から、興味深い話しを聞きました。

どういう人材が困るのか、という内容です。

もっとも困るの人は、「自信がないのに意味のないプライド」を固辞する人だそうです。

彼女によると、

「分からないのなら『分からない』って言ってくれればいいのに、言ってくれないのよね。年齢的には、仕事に慣れているような人。決して若い人じゃないのよ。そのプライドは、どこからくるの?って言いたくなるわ

そうなんですか・・・

★━…‥━━━━━━…‥━★

 「これまでこういうやり方をしてきた。これが私のスタイルです」と、自信満々。

仕事内容にアドバイスをすると、「だったら辞めます!」になることもあるそうです。

そう言えば、

「私は○○会社の社長を知っている。△△社の部長は友達だ」と豪語しているのに、全く仕事につながらない人に会ったことがありましたっけ。。。

話を聞いてと、「すごい人なんだ」と思っていましたが、結局、話だけでした

知っているだけなら、私だって映画スターもスポーツ選手も知っていますから。

★━…‥━━━━━━…‥━★

  プライドを辞書で引くと、

、「矜持、自尊心、誇り」、「傲慢、虚栄心、驕り、自惚れ」と出ていました。

彼女の話してくれたプライドは、後者を指していたのかも知れません。

まったくないのも困るけど、それより困るのは「意味のないプライド」という訳です。

「人の振り見て我が振り直せ」ですね

投稿者:疋田 幸子
疋田幸子

法政大学専門職大学院イノベーション・マネジメント科修了 経営学修士
法政大学大学院職業能力開発研究所特任研究員
株式会社フロインド代表取締役