12月7日から徳島に来ています。

良い天気が続いていますが寒いです

7日の朝の飛行機で、羽田を飛び立ったのですが、

客室乗務員もずいぶん変わったことを実感しました。

???????????

 12月になって手荷物の大きさが、厳しくなりました。

そこで、しっかり大きさを測って、機内に持ち込める大きさで出かけました。

飛行機の前方入り口から乗り込むと、黙ったままの客室乗務員が2人立っていました。

もしかしたら何かことばを発したのかも知れませんが、聞こえませんでした。

聞こえないのは言っていないのと同じですね

???????????

 荷物を入れようとしても、2人とも黙って見ていました。

チラッと目が合うと、知らん顔で別の場所に行ってしまったのです。

今朝は、機嫌が悪いのでしょうか?

月曜日の朝の出張だというのに、私も運が悪い・・・

 ???????????

 以前は、「客室乗務員」と言えば、女の子のあこがれの職業でした。

しかしこの対応にはガッカリです

普通のレストランやブティックの方が、気持ちの良いあいさつをしてくれるように感じました。

他のサービス業のレベルが上がったということでしょうか?

それとも逆の現象が起きているのでしょうか?

???????????

 近頃、研修で「接遇とは?」と話す時、

「当たり前のことが当たり前にできること」と言っています。

この大切さと難しさを実感したできごとでした。

???????????

 顧客満足とは、期待した以上の商品やサービスと出会った時に生まれます。

がっかりしないコツは、大きな期待をしないことかも知れません。

これからは飛行機に乗るときは、あまり期待しないようにしようと思いました。

投稿者:疋田 幸子
疋田幸子

法政大学専門職大学院イノベーション・マネジメント科修了 経営学修士
法政大学大学院職業能力開発研究所特任研究員
株式会社フロインド代表取締役