6月がスタートしました。

毎年、5月は真夏のように暑かったね・・・と振り返ることが多いですが、

今年の5月はでこぼこな暑さ寒さでしたね

*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*

少し前のことですが、娘が通っている塾の面談があり

初めて行ってまいりました。

塾も面談するんだなぁ・・と思いながら、

担任?の先生の前に座り、お話を伺いました。

*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*

自宅学習の様子、塾での娘の学習態度など先生と

意見交換をいたしました。

その中で、受験する場合の国語の学習について少し興味深いことがありました。

最近の国語の長文読解では、子供たちの年齢では経験したことがない

ストーリー展開が要求されるというのです

「それはどういうこと?」と頭の上に「?」マークがたくさん出てきました。

*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*

担任の先生曰く、

例えば、大人がみるテレビドラマ、マンガ、大人が読む話題小説など

子供たち主体のストーリー、子供たちの年代で経験するストーリーから

その範囲が拡大してきているというのです。

*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*

経験したことがないこと長文を読んで、主人公の気持ちを考えなさい・・

と問われても、子供たちは当然、ストーリーを理解できていないので、

回答のしようがないと言います。

その対策として、大人と一緒にテレビのドラマや、話題の小説などを

見たり、読んだりすることを勧められました

*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*

様々な場面で低年齢化が進んできていますが、塾の勉強内容でも

低年齢化?を実感した出来事でした。

でも、私が子供の時は「子供は9時まで!」と言われて

そそくさと布団に入ったものですが、今の時代の子供たちは

勉強に追い付けなくなるから大人のテレビを見なければならないなんて、

何だかかわいそうになってきました・・・・

その歳なりのことを経験して学んでいけばよいのになぁ・・と思いながら。

*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*

お知らせです!

弊社代表取締役の疋田が書籍を出版いたしました

『公務員のためのコミュニケーションお役立ち手帖』というタイトルです。

是非、お読みください!

弊社ホームページよりご注文も承っております

投稿者:下田 静香
下田静香

法政大学専門職大学院イノベーション・マネジメント科修了
経営学修士