こんにちは!

今日の関東地方は曇り空で、久方ぶりに

最高気温が30度を下回る日になりそうです

*・・・・・・*・・・・・・*・・・・・・*・・・・・・*・・・・・・*

先日、ある病院で院内での学会を拝見させていただきました。

快く、見学をご承諾いただき院長先生、病院の皆さまには

心より感謝を申し上げますm(_ _)m

発表された職員の皆さんは、日常業務をしながら、

日常での課題を発見して、その解決策を見出そうと

様々な検証を繰り返し、発表資料にまとめていらっしゃいました。

*・・・・・・*・・・・・・*・・・・・・*・・・・・・*・・・・・・*

その院内学会を拝聴していて気がついたことがありました。

病院は多くの専門分野で成り立っている組織です。

私自身は医療の専門ではありませんので、発表を

拝聴していてわからない用語がたくさんありました。

勉強不足ですみません・・・・

発表の中で、ある発表者に対するフロアからの質問で、

用語の説明をもとめられる質問がありました。

私は、その用語の説明に対する質問があることに、少し驚きでした

てっきり、医療職のみなさんが使っている用語は、

医療職で共通語として使われているのもだと思っていたからです。

*・・・・・・*・・・・・・*・・・・・・*・・・・・・*・・・・・・*

医療だけでなく、専門性を重要視する時代となり、専門を極めることに

力が注がれているのは間違いありません。

以前であれば、これだけの専門的なことを学んでいる、専門的な仕事を

しているということに価値があったのかもしれません。

もしかしたら、今はさらに、専門性を学んでいる、専門的な仕事をしているからこそ、

専門外の人に自分の専門はどのようなことをしているのかをいかに理解してもらうかが

求められるのではないかな・・・と思った出来事でした。

*・・・・・・*・・・・・・*・・・・・・*・・・・・・*・・・・・・*

専門領域で一緒にいる人たちと使っている用語を

専門外領域の人たちに翻訳して伝えることも、

専門を極める一つの役割ではないでしょうか。

*・・・・・・*・・・・・・*・・・・・・*・・・・・・*・・・・・・*

私も以前は、人事用語を乱発して話していましたが、

最近は、専門用語をできるだけ使わないように努力し始めたところです

投稿者:下田 静香
下田静香

法政大学専門職大学院イノベーション・マネジメント科修了
経営学修士