こんばんは!疋田です☆

あっという間に、日付が替わってしまいました。

昨日のブログを読んで、友人からすぐにメールが来ました

「私なら出します」という内容です。

????????????

 友人は自分のことのように怒って、事実を伝えて抗議をするべきだと書いていました

改めて、一番怒りを感じたのは、何だろうか・・・?と考えてみました。

まずは、自分の非を認めないこと、謝罪をしないことです。

別の側面から考えると・・・

仕事がなくて困っている人がいるのに、自分の仕事を大切にしないことに腹が立ったのだと思います

多くの人が働く職場で、このような人物がいると、同僚も迷惑をしているのではないでしょうか?

????????????

 拙著「公務員のためのコミュニケーションお役立ち手帖」の中でも書いたのですが、クレームを多く発生させる人として、「ベテラン女性職員」という指摘が、各地でありました。

この話をはじめて聞いた時、意外だな?と思いましたが、確かにに事実であることを8日に経験したという訳です。

周りの人たちに相談した結果、やはりこの事件は施設側に改善を求めることが必要だということになりました。

そこで、時間をかけてメールを作成しました。

????????????

 感情的にならないように気をつけながら、事実を時系列で説明しました。

施設側は、私のことを「クレーマー」と思うのでしょうか?

否、そうではありません。

私は改善してほしいと思いながら、書いたのです

多分、同じような思いをした人が大勢いるはずです

これまでクレームに関する事例を多く扱った経験から、職場の仲間同士では言いにくいことも、外部の指摘があると、問題解決のチャンスとなる時があります。

????????????

 改善に繋がることを願いながら、何度も読み返して送信しました。

どんな展開になるのか分りませんが、このページで報告したいと思います

ではでは、そろそろ、オヤスミナサイ。。。

投稿者:疋田 幸子
疋田幸子

法政大学専門職大学院イノベーション・マネジメント科修了 経営学修士
法政大学大学院職業能力開発研究所特任研究員
株式会社フロインド代表取締役