おはようございます

まだまだ、暑いですね

とはいえ、この暑さにも体が慣れてきたようで、

クーラーいらずになっています

*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*

先日、お仕事で訪問させていただいていた病院の

副看護部長さんから、県からのある助成金申請書類の

作成について、少しお手伝いしてほしいというご依頼を

いただきました。

*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*

私の視点から、必要と思われる点などについて、

副看護部長さんに書類のアドバイスをさせていただきました

その後、一通り、書類がそろって、院長先生に確認してもらったとの

ご報告を副看護部長さん受けました。

(よかった

*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*

ご報告を受けた時、副看護部長さんは、このようにおっしゃいました。

「下田さん、ありがとう。 とっても助かった?。

 院長にも、ここまで出来たのは、下田さんのおかげと言ったのよ?」と。

私は、この言葉を聞いて、

「役に立ってよかった??」としみじみ思いました。

*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*

仕事のやりがいは、やっぱり、この一言に限りますね

『ありがとう』 というお礼の言葉。

『助かった』 『○○さんのおかげ』 という役に立てた思える言葉。

副看護部長さんにとって、目下の私にその言葉を伝えてくださって、

恐縮する限りでしたが、とっても素敵な方だと思いました

*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*

こんな簡単な一言が、やりがいにつながるのか?と

思っていらっしゃる方も多いと思います。

でも、確実に『ありがとう』 『○○さんのおかげで助かった』という言葉は

人の気持ちを動かします

また、その人のために頑張ろうという気持ちになります。

*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*

ちょっとした感謝の一言で、仕事のやりがいは左右されることを

改めて実感した一日でした

*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*

大切なことをお祈りしておきます。

助成金の申請認可がおりますように・・・・

投稿者:下田 静香
下田静香

法政大学専門職大学院イノベーション・マネジメント科修了
経営学修士