2010_0915_095007-DSCF0026.JPG今日は朝から、予約をしておいた高濃度酸素カプセルを体験してきました。

美肌とか、疲れが取れるとか、いろいろうたい文句があって以前から気になっていたのです

 

カプセルの中に入り、高濃度の酸素を体に取り入れることによって、毛細血管まで酸素がいきわたり、細胞はもちろん脳や内臓にもよいということです。

 

まずは簡単な問診があって、まずは1.1気圧から始めましょうということになりました。(1.2 1.3気圧と上がっていきます。)

時間は65分間。中に入り横になると、高濃度の酸素がカプセル内に充満するようです。そして、リラクゼーション音楽が流れ、マイクの先のようなものからは高濃度の酸素が鼻先にかかるようになっています。扉口は透明で外の景色も見ることができますし、外光も入ってくるので、中で読書をするのもよし、メールをするのもよし、一人の空間を満喫できます。

 

そして、いよいよ始まります。初めの数分は飛行機が離陸するときのように気圧がかかり始め、耳の違和感を感じますから耳抜きをします。1.1気圧だと飛行機ほどのGはかかりませんでした。そして、気圧が落ち着いてからは、ゆっくりと目を閉じてまどろむ感じで過ごしたのですが、あっという間の空の旅でした。

 

リラックスは出来ましたが、これといった変化はまだ感じられません。やはり、続けて通うといつのまにか、肩こりや、疲れが違うようになるということです。

 

面白そうだから、次回の予約もして帰りました

 

広島県は、48日続いた猛暑日がようやく途切れ涼しくなりました。涼しくなると、なんだかやる気も出てきますね。酸素もいっぱい体に蓄えたし、これから、打ち合わせに向かいます!!

 

以上、高濃度酸素カプセルのレポートでした。

投稿者:福島 美智子
福島美智子

大学を卒業後、ビデオ製作会社にナレーターとして入社。
その後、フリーアナウンサーとして各種式典の司会、イベントや結婚式の演出や進行を含む司会者として活躍。
ボイストレーニングを基本に仕事や普段の生活で活用できるオリジナル手法「ボイササイズ」の考案や、人材育成研修講師として活動中。
NPO法人日本話しことば協会認定講師