こんにちは。

あっという間に9月も月末。

急に秋らしくなったので、着る洋服に戸惑う日々です

*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*

私の娘の学級では「係活動」を「会社」に置き換えて、活動させています。

飼育係とか黒板係とか、学級にあるいろいろな係を「飼育会社」、「黒板消し会社」と

いうように置き換えているのです。

会社というからには、”社長”がいます

それは、数名の同じ係の子供たちの中から、1名選んで、社長にするらしいのです

*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*

娘は、「朝の音楽と整理整頓会社」の社長

”社員”みんながやりたくないから、”社長”になったそう・・・

でも、社長になったからには、”社員”にきちんと仕事をさせて、

みんなの役に立つような仕事をしなければ、

なんと、”倒産”してしまうのだそうです

*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*

3カ月に1度、”株主総会”があり、クラスの子供一人ひとりが

ポイントを持っていて、頑張っていると思う”会社”に投票するのだそうです。

ポイントが少なかった”会社”は倒産し、その会社の社員は

他の”会社”に入れてもらうか、自分で会社を”設立”しなければ

ならないんだそうです

*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*

幸いにも、我が家の”社長”は、今のところ、倒産には追い込まれていないようです

そこには、いろいろと小さな社長と社員なりの工夫をしていました。

1.”社員”がきちんと仕事をしてくれるように、当番表を作って、

社員一人ひとりに渡す。

2.整理整頓が徹底されるように、放課後に”社員”と教室内の見回りをして、

できていない箇所は、翌朝にみんなに報告する。

3.社員の当番は、時々順番を変えて、当番表もかわいいシールを

貼ったりして、変化をつける。

*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*・・・・・・・*

子供たちって、仕事を面白くしているなぁと思いました。

大人になると、面白く仕事をするということを

忘れてしまっているのではないかと思います。

大変だけれど、面白いという仕事の仕方を

日々、子供たちから学んでいます

投稿者:下田 静香
下田静香

法政大学専門職大学院イノベーション・マネジメント科修了
経営学修士