こんにちは!

週の始まりは、いい天気ですね 

午前中は、弊社の顧問税理士との月例打ち合せでした。

私にとっては、通信簿をもらう子供のような心境です。

*―――――

 最近、「お願いだから、一人前の仕事をして!」と思うことが、たびたびあります。

先週の火曜日、10日からの出張の航空券をクライアントが送ってくれました。

担当者は、間違いがあってはいけないと思い「△△パック」で送ったのですが・・・

午後6時過ぎポストを見ると、あふれ出たチラシと一緒に何か見えます 

*―――――

 あれ?、これって「△△パック」じゃないの?? でもポストに投函されてるし・・・

△メールなのかしら・・・?

デスクの上に置いたままの翌日、やはりおかしい・・・と思い

お客様サービスセンターへ電話をしました。

「△△パックって、受領印がいるんじゃないんですか?」

「もちろん、その通りです!」

「でもポストからチラシと一緒に、半分落ちていたんですよ」

「申し訳ありません。担当郵便局からご連絡させます」

*―――――

 翌日、郵便局から電話がありました。

配達した担当者が不在なので、調べて連絡をするとのことでした。

その2日後、別の△△パックが届きました。

「この人が担当者じゃないの??」と猜疑心の固まりになりながら、

事情を話し証拠の伝票を持ってかえってもらいました。

そして今朝です。

税理士との打ち合せに出かける間際、インターホンが鳴りました。

*―――――

 謝りに来た、担当者です。

忙しいのでインターホン越しに、

「どうしてポストに入れたんですか?重要な書類だから△△パックで出しているんですよ」と、

質問をすると、

「すみません。私の判断でポストに入れました」

*―――――

 わ・た・し・の・は・ん・だ・ん? 

40歳を過ぎた男性のようでした。

創造的な仕事は大切ですが、そこは違うでしょう・・・

お願いだから、一人前の仕事をして下さい!!

投稿者:疋田 幸子
疋田幸子

法政大学専門職大学院イノベーション・マネジメント科修了 経営学修士
法政大学大学院職業能力開発研究所特任研究員
株式会社フロインド代表取締役