こんばんは!

今日の東京は暑かったですsun ムシムシですsweat01

今朝は、しっかり早起きをしました。

66回目の「広島原爆記念日」だからです。

-----------------------

 午前8時15分、原爆が投下された時刻、

テレビの中継を見ながら黙祷をしました。

画面の中から聞こえるセミの鳴き声と、窓の外から聞こえる声に違いに

「広島にいないんだ・・・」と、改めて思いました。

-----------------------

 広島に生まれ育った私にとって、今日は特別な日です。

子供の頃、普段は静かな街に大勢の人がやって来て、

集会やデモ行進があったりと、非日常な日だったことを覚えています。

今年は、これまでと違う気持ちでした。

やはり、原発事故のせいだと思います。

-----------------------

 3月11日の東日本大震災で原発に事故が発生したのを知った時、

大変なことが起きると胸騒ぎがしました。

多分、「放射能」とか「被爆」などの言葉を日常で聞きながら

成長したせいでしょう。

-----------------------

 昭和20年8月6日8時15分、広島は焦土と化し、

多くの非戦闘員が亡くなりました。

子供の頃は、顔にケロイドの跡がある人を見かけることもありました。

友だちのお父さんが、白血病で亡くなりました。

 原爆ドームの横を流れる元安川で、灯籠流しが行われる時間になると

見えない人たちが、大勢歩いているように感じることがありました。

-----------------------

この悲劇を繰り返してほしくないです。

これから生きる子供たちや若い世代に、少しでも良い環境を残すのが

私たちの役目だと思います。

戦後、広島は復興をしました。

時間の経過と共に、忘れてしまいそうになる人類の悲劇を

胸に刻み直す今日です。 

合掌。

投稿者:疋田 幸子
疋田幸子

法政大学専門職大学院イノベーション・マネジメント科修了 経営学修士
法政大学大学院職業能力開発研究所特任研究員
株式会社フロインド代表取締役