こんばんは!

何となく休暇ムードですね。

近くの国道もrvcarの数が少なく感じます。

今日は、最近気になった話を2つ。

□■□■□■□■□■□■□■□■

 一つは名古屋のテレビ局で起きた不謹慎なテロップ事件。

結局、番組は打ち切りになったそうですが、何とも後味の悪い話です。

被災された人たちに配慮がなさ過ぎる。 呆れましたdespair

□■□■□■□■□■□■□■□■

 もう一つは、サッカーの松田選手の通夜会場からの中継です。

丁度、私はその放送を見ていましたtv

スタジオから会場前の中継に切り替わった時、「大丈夫か?」と不安になりました。

若い頃、同じ業界で働いた「勘」かも知れませんね。 嫌な胸騒ぎがしました。

会場で岡田元監督のインタビューをとるとのことでしたが、

一旦、スタジオに画面が切り替わった後、事件は起こりました。

□■□■□■□■□■□■□■□■

 何かのミスで、放送されるはずのない会場前が映った時、

くだんの女性アナウンサーが笑顔で、「うっそ~やだ~」と、ふざけていましたsign01

「これはまずいdanger」,すぐに画面はスタジオに、そしてCMへ。

結局、それきり会場でのインタビューはなし。 何事もなかったように番組は終了。

□■□■□■□■□■□■□■□■

 以前、ワイドショーの告別式のインタビューといえば、東海林のり子さんでした。

落ち着いた話し方で、安心して見ることができました。

どのような意味を持つ場面か、理解をしていたのだと思います。

たとえ不意に映ったとしても、「うっそ~」なんて態度は取らない人だから、

「告別式と言えば・・・」と信頼をされていたのでしょう。

□■□■□■□■□■□■□■□■

 番組が打ち切りになった当事者も、不謹慎な態度のアナウンサーも

厳重注意や謹慎の処分はあるかも知れませんが、

解雇になることはないのです。(正規雇用の場合)

もしフリーアナウンサーだったら、これきり仕事はなくなるのが当たり前です。

長年、大企業で仕事をしていると危機感がなくなってしまうのでしょうか?

謝ればすむと考えているのでしょうか?

□■□■□■□■□■□■□■□■

 自分の仕事は今、何を求められているのか分からない人が多くなりました。

簡単なうっかりミスで済ますことのできない、みっともない話です。

あまりにもお粗末な、「ワキが甘い!」仕事で唖然とした出来事でしたnewmoon

投稿者:疋田 幸子
疋田幸子

法政大学専門職大学院イノベーション・マネジメント科修了 経営学修士
法政大学大学院職業能力開発研究所特任研究員
株式会社フロインド代表取締役