こんばんは!

春が近づいてきましたねsun 

東日本大震災から1年が経った昨日、

去年のことを丁寧に思い出していました。

この数日間、テレビで震災の映像を観るたびに、

鼓動が激しくなって、苦しかったです。

東京で帰宅難民になっただけなのに、これだけ鮮明な記憶になるなんで

改めて、被災された方々の気持ちに思いをはせました。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 追悼式で黙祷をした後、天皇陛下のことばを聞いて、

「非常に分かりやすいな~」と感動しました。

誰でも分かる言葉で、述べられた内容は、

優しい響きの中に、選び抜かれたことばの整列を感じました。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 難しい専門用語や、いかにも「エライ人なんだろう」と思われる

あいさつを聞く場面は多いのですが、

これほど分かりやすい選ばれた言葉にお目にかかることは

少ないですね。

モチロン、天皇陛下だから、そう感じるのかも知れませんが

聞き取りやすい発声に、ゆったりとしたスピードでした。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 「立場が違うから」と言わないで、良いところは

積極的に学びたいものです(僭越ながら)

震災から1年、これから私たちは何が出来るのか、

気持ちを新たに考えたいと思います。

投稿者:疋田 幸子
疋田幸子

法政大学専門職大学院イノベーション・マネジメント科修了 経営学修士
法政大学大学院職業能力開発研究所特任研究員
株式会社フロインド代表取締役