タイトルが、覆面総務のようになってしまいました・・・・。coldsweats01

 

 

さて、春が来ましたcherryblossom

今日は、まるで初夏を思わせるような暖かさです。

桜はまだかな?と思いながら散歩をしていると、畑一面黄色の菜の花

 

春ですね~。cute

 

先日、マーガレット・サッチャーを見に行きましたmovie

(ジンジャエールとキャラメルポップコーンを買ってheart04

 

彼女を演じているメリルストリープも素晴らしかったshine

しかし、それ以上にサッチャーの人生に女性として深く考えさせられました。妻として、主婦として母として・・。そして、首相としてconfident

 

どの役割も、大切だけど体は一つsign01

 

彼女を取り巻く人間模様もあいまって、はかなささえ感じてしまいました。

 

ところで、その中でサッチャーが首相らしい話し方、声の出し方をトレーニングするシーンがあります。

 

そこであらためて感じたのは、話し方以上に声は大切だという事。

 

イギリスの作家アン・カープが書いた「声」の秘密という本があります。

「声は人間関係を支配する」というなんだか物々しいサブタイトルなのですが、読んでみるとなかなか興味深いflair

 

声にまつわるエピソードや世界各国の声事情など面白く学術的な話が書かれてあるのです。

 

ちなみに、日本人の女性アナウンサーは世界中の女性アナウンサーの中で1番声が高いそうです。日本人は声が高いと良しとする国民性でしょうか・・despair

 

しかし、声の高さを戦略的に使えるのならば良しですが、高い声しか出ないという事になると考えものです。

 

私の師匠は3人います。アナウンス・話し方・人生の師匠。3人とも女性で、皆アルトの響きある素敵な声の持ち主ですheart02

何気なく使っている自分の声karaoke

使い方でひとつで自分のイメージをアップさせたり人間関係にも大きな役割を果たします。

 

これからも、美しい話し方と魅力的な声の出し方を心がけようと思います。

 

 

皆さんも今一度、ご自分の声と向き合ってみてはいかがでしょうか?

投稿者:福島 美智子
福島美智子

大学を卒業後、ビデオ製作会社にナレーターとして入社。
その後、フリーアナウンサーとして各種式典の司会、イベントや結婚式の演出や進行を含む司会者として活躍。
ボイストレーニングを基本に仕事や普段の生活で活用できるオリジナル手法「ボイササイズ」の考案や、人材育成研修講師として活動中。
NPO法人日本話しことば協会認定講師