こんにちは!

rainsnowの予報が出ていましたが、東京はsunです。

最近は天気の変化が激しいですね。

連休はいかがでしたか?

---------------------------

 「私はこの仕事が得意です!」「この仕事以外はできません」は

よく聞くフレーズです。

本当にそうなのでしょうか?

反対に異動した部門で、それまでになかった能力を発揮する例もあります。

以前、ある自治体でメンタル不全で退職をした職員がいます。

再就職先は自動車の販売会社でした。

以前の職場に比べると目標達成ラインがあり、周りも心配していたそうです。

ところが彼は、その会社で販売トップクラスになったとか。

---------------------------

 「ウチの職場は、そんなに魅力がなかったんでしょうか・・・」

かつての上司は、ガッカリしていました。

「これしかできない」という壁を、彼は乗り越えて行ったのでしょうrun

もっとも、そんな壁は始めからなかったのかも知れませんが。

---------------------------

 ある会社の凄腕管理職は、異動希望に対して

いつも「どこでも行きます」と書くのだそうです。 へぇ~eye

そして、結果を出しているから凄腕と呼ばれるんですね、きっとup

基本的に「思い込み」が少ない人なのだと思います。

他にも別の人について、面白い話を聞きましたよnote

---------------------------

「あの人って自分が『できる!』と思っているけれど、そんなことないんですよ」

「自分の役に立たないと思う相手には、つまらなそうな顔をするから、すぐ分かる」

これは、「思い込み」+「思い上がり」の例ですね。

どちらもよく似た言葉だけれど、あまり良い意味では使われないようですdash

自分を振り返って、気をつけよう~とッsign01happy01

投稿者:疋田 幸子
疋田幸子

法政大学専門職大学院イノベーション・マネジメント科修了 経営学修士
法政大学大学院職業能力開発研究所特任研究員
株式会社フロインド代表取締役