おはようございます!

sunています。 起きた時から30度近いって、かなり過酷ですsad

自治体の職場を見て思うのは、「28度設定は止めれば?」。

どう見ても合理性がないと思うのです。

暑すぎて生産性はdown  住民からは「暑い!」とクレームが生まれる。

環境に優しいことは重要ですが、「人」に対する優しさも大切だと思いますよ。

******************************

 高齢社会の到来と共に、労働力としての女性は大いに期待されています。

3年前、ある自治体の人事担当者から相談を受けました。

「現在の採用状況で考えると、10年後には男性の管理職だけでは足りなくなります。

女性にも手を挙げてほしいのだけど、これまで先輩にあたる女性管理職が少なくて

困っています。今から準備をしなければ間に合わなくなると心配です」

なるほど、その時になって準備をしたのでは間に合わないという危機感。

ちなみに相談をされた自治体は、全国でも先駆的な取り組みをしているところですup

******************************

 女性が管理職を目指さない背景には色々な要因があります。

とても一筋縄ではいかない問題です。

しかし動機付けがされていないことも事実だと感じます。

「このままでいい」 「管理職になっても責任だけが重くなるのだから」

「周りから何を言われるか分からない」 「家庭を犠牲にしてまで仕事はできない」

などなど。 自分自身で決められないことも多いのかも知れません。

だけど、原因はすべて他者なのでしょうか?

******************************

 頑張ろうとすると、先輩の女性たちが「そんなにしなくてもいいんじゃない?」と

圧力をかけられることもあるそうです。

そうですsign01  女性が仕事に意欲を見せるとき

敵(と言うかライバル、う~ん、やっぱり「敵」かな?)は

男性と女性になることが多いのですsign03despair

これも問題ですねdash

******************************

 佐世保市の研修で、グループごとに考えたプロジェクトは

かなり実現性が高いものばかりでした。

そこで・・・

「このプロジェクトが立ち上がる時、是非そのメンバーに加わりたい、という人は

手を挙げて下さい」 と質問をすると、全員が勢いよく手を挙げましたnote

嬉しいですね~happy01

******************************

 実現までには超えなければいけないハードルがいくつもあるでしょう。

だけど「考えられる頭脳」と、「行動できる身体」があれば、

何とかなると思いますよyes

大切なのは簡単に諦めないこと。

「仕事」も「人生」も同じですscissors

女性能力開発のヒントを見つけたような2日間でしたnote

皆さん元気でね~happy01   来年1月の再会を楽しみにしていますよ~(ワクワク)shineshineshine

投稿者:疋田 幸子
疋田幸子

法政大学専門職大学院イノベーション・マネジメント科修了 経営学修士
法政大学大学院職業能力開発研究所特任研究員
株式会社フロインド代表取締役