こんにちは!

いいsunですね~と言うより・・・暑いsweat01

真夏の暑さではありませんが、10月を満喫するには

少々違うな・・・と感じる気温ですdash

高視聴率のドラマが終了して、少し時間が経ちました。

「倍返し」「10倍返し」と共にブームになったことばが「土下座」です。

 ‥‥‥‥‥‥‥‥

 普段ドラマを見ない私も、周りに「面白いよ~」と勧められて

途中からtveye   まるで時代劇じゃないsign02

それでも痛快さがあり、最終回まで楽しみに見ていました。

(出向になると予想をしていたのですよ・・・ふふふ・・・)

 ‥‥‥‥‥‥‥‥

 少しnoない予感がしていたのですが、やはり・・・

「土下座」はブームになって欲しくないですねdespair

980円で買った商品が不良品だったから返金を要求。

これは消費者として正当な要求だと思います。

だからと言って、店の従業員を土下座させて写真を撮る、というのは

いやはや・・・annoy  

 ‥‥‥‥‥‥‥‥

 それはドラマの話、時代劇の1場面と割り切るだけでは

不十分なのでしょうか?

すぐに「土下座」を強要するのはngですね。

全体のストーリーを忘れて、その場面だけを面白がって真似をするのは

格好いいとは言えませんsad

「土下座」は伝家の宝刀のようなもの。

あまり軽々しく、生活の中に登場しない方が価値があると思いませんか?

投稿者:疋田 幸子
疋田幸子

法政大学専門職大学院イノベーション・マネジメント科修了 経営学修士
法政大学大学院職業能力開発研究所特任研究員
株式会社フロインド代表取締役