こんにちはsign01

日中、暖かい一日でしたhappy01 

とはいえ、朝の冷え込みで娘のお弁当を作るのが

億劫になってきておりますdown

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

10月は人事評価の季節です。

評価者は、面接に追われる日々・・・面接予定のやりくりだけでも

大変なお仕事と思います。

評価制度では、一次評価者と二次評価者など

複数の評価者を設け、一次評価者が評価面接をするのが一般的です。

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

一次評価者は、スタッフと面接をするため、

スタッフにどのように接すればよいのか、大変悩みながら、

また試行錯誤しながら面接を進めているのが実際です。

一方で、二次評価者は、スタッフと面接をする機会が少なくなり、

評価者本人の受け取り方によっては、

「面接は、一次評価者の役割」と押し付けてしまっている観があります。

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

二次評価者の役割は、次のとおりです。

pencil一次評価者に二次評価の詳細を説明しておくこと

pencil上記を踏まえて、一次評価者と評価面接でスタッフに伝える内容について、意見交換と情報共有をすること

pencil上記を踏まえて、二次評価者からスタッフに伝えた方がよい場合は、面接に加わること

pencil一次評価者が面接で悩んでいることについて相談にのること

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

一次評価者だったときに、面接はもう十分にやってきたのだから、

やっと解放された~と思っていることはありませんかsign02

主に4つ目の「一次評価者が悩んでいること」は、

経験豊富な二次評価者の実体験が必ず活かせるはずですflair

 

一次評価者を組織の強いリーダーにするためにも

二次評価者の皆様、是非是非、お悩みを聞いてやってくださいねpaper

投稿者:下田 静香
下田静香

法政大学専門職大学院イノベーション・マネジメント科修了
経営学修士