こんにちは!

今日の東京は、どんよりcloud 今にもsnowが降りそうです。

昨夜、NHKの「クローズアップ現代」を見ました。

この番組は結構見ているんですよnote  メモを取りながらbook

そこに出てきたことば・・・「ポエム」?

何となく違和感を感じていたいくつかの謎が解けたように感じましたenlightened

--------------------------

 「居酒屋甲子園」というイベントが取り上げられていました。

全国の居酒屋が参加し会場も超満員sign01

接客技術などを競うのではなく、仕事のやりがいなどを発表する。(これがポエム)

それに対してどれだけ感動をしたかで優勝が決まるというシステムです。

--------------------------

 何度も転職をした。

引きこもりだった。  1人ぼっちだった。 

でも・・・仲間がいる!  夢は1人で見るものじゃない!  (ふ~ん)

会場は感動。。。涙。。。(ふ~ん)

--------------------------

 優勝したチームの会社が大切にしているのは

「お客様をどれだけシアワセにできたか」 だそうです。  (ふ~ん)

人事評価で評価されても上司のポエムで終わり。

「これをもらうとやりがいを感じます」と入社4年目の店長。

これまで何をやっても続かなかったけれど、今の仕事はやりがいがあるそです。

でも16時間の長時間勤務。それに対する評価はポエム1枚。

何かおかしくないですかsign02

--------------------------

 地方自治体の条例にも、こ~ゆ~のが登場しているそうです。 (ふ~ん)

それに対する出演者のコメントは、まさに正解だと思いますsign03

耳あたりの良い優しい言葉は、ホッとします。

しかし使う場所、場面によっては不可解で偽善を感じる。

仕事にやりがいは大切ですが、まず「生きるために働く」という現実から

目を背けてはいけないと思うのです。

--------------------------

 消費者の私たちにできること。

安価な居酒屋で感動を求めない。

間違いなく注文が届いたらyes  「だって安いんだもん」と納得をする。

「すべてはお客様のためにsign01」だけでは・・・疲れますよ・・・despair

投稿者:疋田 幸子
疋田幸子

法政大学専門職大学院イノベーション・マネジメント科修了 経営学修士
法政大学大学院職業能力開発研究所特任研究員
株式会社フロインド代表取締役