こんにちはsign01

昨日、今日と気温が上がり、3月並みの陽気だとかsun

やはり、寒さが抑えられると、活動しやすくなりますね。

早速、午前中からいろいろと用事を済ませてまいりましたgood

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

用事の一つ、バドミントン部に入部している娘が、

専用シューズを買うshoeというのでスポーツ用品店へ。

今の時期は都合のよいことに冬のSALEnote

有名メーカーのシューズもいい感じのお値段でお手頃になっていました。

お気に入りのシューズを選ばせ、娘に必要なお金を渡し、

レジを済ませました。

「明日からの部活が楽しみ~note

だったのですが・・・・

*・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

お店を出て、娘からおつりをもらって、あれsign02 価格、違ってないsign02

既にお店を跡にしていましたので、電話で店員さんに伺ったところ・・・・

展示用価格を商品タグ価格にデータ反映させていたかったことが 

原因だったと説明され、

改めて展示用価格でレジを通しなおすので、また来店すれば

正しい価格として販売するとのことでした。

で、結局間違えてたわけsign02という状況は理解できたものの、

何だか、”もやっと感”が残りました。

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

理由は一つ。

今回のことは、「価格タグ表示ミスであった」ことの原因とその経過を

説明されたものの、「ミスを認めることば」がないことでしたdown

冷静に説明され、状況は理解できたものの、

やはりミスがあるならば、

①ミスを認める

②原因と経過を説明する

③お客さんにできるだけいい状態のフォローをする

の順番を経るべきではないかなぁと思うのです。

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

昨今、お客側は「謝ればいいってもんじゃないsign03」などと

②、③を重要とする傾向があり、

お客の側がミスに至った詳細説明を求めるようになったことが

このような対応を生んでいるのかなぁと思いました。

ミスがあったとしてもお客の側ができるだけいい状態で、

自社の商品を購入することであって、

ミスの原因や経過を正しく説明することを目的にするのではないことを

忘れたくないですねgood

 

さて、明日正しい価格でレジを通してもらいましょbearing

私ってクレーマーですかねsign02shock

投稿者:下田 静香
下田静香

法政大学専門職大学院イノベーション・マネジメント科修了
経営学修士