こんにちは!

このところ「暖かいな~」という気分とは、ほど遠い東京ですcloud

週末はsnowsnowsnowでした。

弊社も箱根合宿を計画していたのですが、

先週の金曜日に中止を決定しました。

-------------------------

 30代から40代の過渡期を迎えた友人とbeerをしました。

とても努力家で能力も高い人です。

彼女の古い友人たちの話はとても印象深いものでした。

20代の頃は3人とも美人。

一人はマスコミの世界へ。

そして一人は20歳近く年の離れたお金持ちと結婚。そして離婚。

-------------------------

 久しぶりに会った感想は、

「どんな30代を過ごしたの?」だったそうです。

理由は、友人の1人は美しかった頃の面影がなくなっていたから。

仕事を続けながら家族を持った1人は、それなりの顔をしていたそうです。

restaurantしながら友人は、

「とにかく30代は能力をつけるために頑張るしかない。それが40代からのためだ」

と思っていたそうです。 (偉いな・・・yes

-------------------------

 私が30代の頃なんて、生きるために精一杯でしたsweat01

目の前にある仕事を一生懸命にやる。仕事をリピーター化する。

その繰り返しでした。

悩んだこともたくさんありますが、

とにかく行動を止めるワケにはいかなかったのです。

-------------------------

 30代は人生の現実的な悩みが最も多い頃では・・・と思います。

仕事のこと。 プライベートなこと。 将来のこと。  などなど。

悩むことは無駄ではないですよ。

だけど・・・どこかで格好ばかりを気にしていると

「悩み」がファッション化するので、要注意danger

-------------------------

 自分の中でこれだけは続けてきたので少し自信がある。 

この仕事に関しては10年のキャリアがあるので分かるようになった。

内容は何であれ、30代の過ごし方はその後の人生に大きな影響を与えます。

誰もが悩む30代。 諦めないで歩いて欲しいと思います。

40歳になった時、「お~っ、いい顔してるねnote」と言われる日が・・・

必ず来ますよhappy01

投稿者:疋田 幸子
疋田幸子

法政大学専門職大学院イノベーション・マネジメント科修了 経営学修士
法政大学大学院職業能力開発研究所特任研究員
株式会社フロインド代表取締役