こんにちはsign01

久しぶりのブログ更新ですsweat02

前回更新から今日までの間に、関東地方を中心とした大雪、

その影響による”雪害”に見舞われている地域が未だにあります。

早期復旧、復活されることを心より祈るばかりです。

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・*

昨日、群馬県内の病院に定期サポートに行ってまいりました。

先週末の大雪により、群馬県内も生活に大きな影響を受けています。

高崎駅からの幹線道路でさえ、未だに道路には雪の塊が転がっていて、

道をふさいでいます。

高い建物の影になっている道路は、未だに雪が残ったままで

通行不能です。

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

サポート先病院でも、週末は大変だったことを聞きました。

積雪80㎝shocksign03

かきわけ、かきわけ歩くような状態だったといいます・・・・

そして病院ではこんなことが起こっていました。

大雪のため、スタッフが帰宅できない、スタッフが出勤できない事態。

駐車場の雪かきができないと、車が動かせない、入れられないsign03

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

これまでにない積雪ということは、スタッフだって初めての経験です。

にもかかわらず、今いるスタッフで駐車場の雪かきを率先するスタッフ、

出勤できないスタッフの代わりに3日間連続して勤務するスタッフ、

「何かしなければ!」という思いから、自宅から5時間かけて歩いて病院まできたスタッフ。

それぞれが、病院のために「今自分ができること」を懸命にしていたそうです。

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

一人ひとりが「今自分にできること」を、危機的現状から探し、即行動に移すこと。

この結果、無事に病院組織を通常どおりに動かすことができたのだと思います。

「大変だったけれど、やるしかなかった」という言葉をあるスタッフから聞きました。

緊急事態では、「できることをするsign03

これ、基本なのですね。

 

大雪の危機に対応したスタッフの皆さんから学ばせていただきましたgood

皆さん、大変でしたよね。。。。本当にお疲れさまでしたconfident

お休みの日はゆっくり身体を休めてくださいねsign01

投稿者:下田 静香
下田静香

法政大学専門職大学院イノベーション・マネジメント科修了
経営学修士