こんにちはsun

いよいよやってきた暑い夏・・・を思わせるような

ジリジリの日差しですねdown

さきほど広島に移動してきましたairplane

外に出るのが嫌なぐらいの暑さ。

これから4ヶ月はこの暑さとお付き合いしないとですねcoldsweats01

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

昨日までの2日間、岩手県の県立病院に勤務されている管理者の方を対象とした

初任考課者研修に行ってまいりました。

毎年1回開催するのですが、今年で8年目を迎えます。

8年前の講義と比較すると、評価制度の考え方、評価面接の進め方のコツも

時代とともに変化してきているなぁと感じています。

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

8年前は、自治体病院で評価制度を導入しているところは少なかったため、

以下に、評価制度を理解していただくかを懸命に講義したことを覚えています。

しかし、今は大病院では、評価制度を実施しているところは、結構当たり前。

ですから、ここ3、4年は、評価者(現場管理者)ができるだけ大変な作業にならないよう

時間をかけずに評価をする、効率的な面接をするなどの手法を提供するプログラムに

講義時間を充てるようになりました。

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

評価制度なんて、やってられないsign01というお声もありますが、

組織全体の質を担保するためには、ある程度の一定基準に職員の行動・態度、

各職種の知識やスキルを引き上げることも大事な組織運営だと思うのです。

だからこそ、できるだけ面倒にならないよう、私たち講師は、

現場管理者が「これがあると便利~note」と思えることを提供する役割があると思います。

 

さて、今日もこれから、評価制度に関する研修pencil

”評価制度のお助けマン”としての役割、果たしてきますup

投稿者:下田 静香
下田静香

法政大学専門職大学院イノベーション・マネジメント科修了
経営学修士