今日は終戦記念日。

小学1年生のとき、私の母は八戸市公会堂で上映された

実写版「はだしのゲン」の映画を観に連れて行ってくれました。

それ以来、中学生ごろまでは、8月15日に空で飛行機が飛ぶ音がすると

映画の場面を思い出し、とても怖い気持ちになったことを覚えています。

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

先ほど、NHKの番組で、都内の若者に

「8月15日はなんの日ですか?」というインタビューをしていました。

終戦記念日と回答できたのは半数以下。

さらに、「どこと闘ったのか知っていますか?」という問いに

出るわ出るわ、全く関係のない国々の名前。

これが現実なんですね・・・

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

何事も過去のことを学ぶことは大切なこと。

日本がどのような歩みをしてきたのかを知り、

それを将来に活かす。

組織も同じことが言えます。

今自分が所属している組織がどのような歩みをしてきて

今に至るのかは、将来をつくる大切な判断材料です。

 

とはいえ、私たちは戦争を実査には知りませんが、

それでもその恐ろしさはいろんな場面で、いろんなときに

教えられてきたように思います。

今の若者にはそれが伝わっていないのが「風化」なんでしょうね・・・・

でも、あれだけの恐ろしいことが「風化」されてしまうというのは

時の流れも恐ろしい・・・と感じた一日でした。

投稿者:下田 静香
下田静香

法政大学専門職大学院イノベーション・マネジメント科修了
経営学修士