こんばんは!

昨日の最終便で長崎空港に到着しましたairplane

2日間、大村市に滞在します。

一昨日、NHKの「クローズアップ現代」で

「できる30代はどこにいるのか?」という

興味深い話題を取り上げていました。

-----------------------

 30代の社員が育っていないと頭を抱えている

会社が多いというのです。

言われたことしかしない。

意欲が低い。 などなど、次から次に出てきます。

要するに育てていないのです。

-----------------------

 この話題は、私たちの恩師である藤村先生の勉強会で

いつも聞いているので、「別に新しい話じゃないけど・・・」なんて

うそぶきながら見ていましたtv

この25年間、企業は景気の悪い中で、

短い期間で利益を上げることを求められ、

人を育てることを怠った。

評価制度を厳密にすれば、誰もが達成できる程度の目標しか

立てなくなった。

-----------------------

 人員カットをされたため、チャレンジできる仕事は任せられない。

いつまでたっても新人の採用がないので、同じ仕事の繰り返し。

今になって、そのツケが回ってきた。

もっとも以前から分かっていたのだけど、顕在化してきたというのが

正しいんでしょうねェ・・・think

-----------------------

 人材育成には、リスクをおう覚悟と

資源(時間とお金)を投入する覚悟が必要だと番組は結ばれていました。

確かに人を育てるのに熱心な組織を見ると

「経営状態は悪くないんだろうな・・・?」と感じます。

反対に育成よりも利益という組織を見ると

「いずれ大変なことになるのに・・・」と

占い師になった気分です。

-----------------------

 人はカップ麺ではないですからねnoodle

短期間で、ぱっぱと出来上がりsign01

な~んてことは・・・ないsign03 のをお忘れなくpunch

投稿者:疋田 幸子
疋田幸子

法政大学専門職大学院イノベーション・マネジメント科修了 経営学修士
法政大学大学院職業能力開発研究所特任研究員
株式会社フロインド代表取締役