こんにちはsign01

今日も快晴sun

先日の台風18号では、横浜地区は雨被害がありました。

近所の商店街でも、床下浸水でお店は水浸し。

半日かけて、水掃きをしたそうです。

またまた、大型台風が近づいていますので、

注意が必要ですねdanger

*・・・・・・・・*・・・・・・・・・*・・・・・・・・*

さて、昨日は盛岡に行ってまいりましたbullettrain

盛岡は、昨日の朝、岩手山に初冠雪だったそうですsnow

盛岡に到着後、つなぎ温泉にある病院に向かいました。

正面玄関に入ると、すっきり感を感じましたshine

何だろう・・・

そうなですflair

貼り紙、ポスターがあまり貼っていないのですgood

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

病院は、患者さん向けに発信する情報が実に多いsign03

だから、掲示板やあちらこちらの壁に

あれもこれも貼るのが当たり前なように感じます。

しかし、この病院は、院内どこを見ても、

最低限の貼り紙だけなんですshineshine

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

私は大学院の研究の成果で作った

”病院内の「見える」ところからわかる組織の課題チェックリスト”にも

まさに「貼り紙」の課題を挙げています。

one 貼り紙が雑然と貼られている 

   ⇒ 見る側(患者)からすると、どれを見れば何が書かれているかが伝わりにくい

      ⇒ 患者視点じゃない

two 貼り紙の一部がはがれかけている

   ⇒ 貼り紙の管理ができていない

      ⇒ 誰がいつ貼ったのかが不明 = 許可されていないものも貼られている可能性がある

        ⇒ 情報統制がされていない

などなど・・・・

要は、「貼り紙が整理されて貼られている」=「情報管理ができている」なのですhappy01

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

昨日伺った病院は、築30年の決して新しい病院ではありません。

それでも、「キレイ」にしていることが正面玄関に入ったとたんに伝わってくるgood

「キレイな病院」とは、「新しい建物の病院」ではないということ。

 

「見た目は、内部システムに関連しているsign03」といういい例を見させていただいた病院でしたshine

投稿者:下田 静香
下田静香

法政大学専門職大学院イノベーション・マネジメント科修了
経営学修士