こんにちは!

寒いくらいですね~rain かなり強く降っています。

出かけるのを30分遅らせることにしました。

どしゃぶりですものrain

*************************

 仕事の分担を明確にした方が良いのかという

ディスカッションが研修の中で繰り返されます。

「仕事分担」という言葉には、「明確な」が

必ずセットされているのかな?と感じるほどですsweat01

*************************

 誰が何をするのか、はっきり分かるようにしないと

手を抜く人がいるのでしょうか・・・?(いるかも知れない)

明確な分担により責任の所在もハッキリします。

これもメリットと言えるでしょう。

では、「明確」にすれば良くなるのか・・・?

そうでもないようです。

*************************

 例えば、担当者が休むと誰も分からない。

自分の分担以外は、手を付けない。

誰が何をしているのか分からない。 などなどrun

困った問題もあるようですeye

*************************

 万能の方法ではないのですから、

「明確な仕事分担プラス」などは、いかがでしょうか?

担当者が休んでも分かる方法。

メンバーの進捗状況をつかめる場面設定など。

分担の「壁」を「垣根」に変えて、

隣の様子が何となく見える、声をかければ聞こえるような

「明確な仕事分担プラス」な環境ですbud

*************************

 人が集まって仕事をするところでは、

責任と同じくらいに「協力」も必要ですねnote

「明確」も大切だけど、「ゆる~い明確」も

役立ちますぞyes

投稿者:疋田 幸子
疋田幸子

法政大学専門職大学院イノベーション・マネジメント科修了 経営学修士
法政大学大学院職業能力開発研究所特任研究員
株式会社フロインド代表取締役