こんばんは!

寒いですね~sad 

寒いのも苦手ですが、乾燥はさらに困りますsad

お肌がひりひりするし、コンタクトレンズはバリバリする。

ほかの地方では別のお悩みもあると思います。

まずは健康に注意したいものです。

最近、元カレのことばを思い出しました。 えっsign02

ここで生まれる疑問はscissorsつです。

-----------

 「え~っsign01 元カレがいるんですかsign02

いますよ。。。dog

「え~っsign01 今も彼氏はいるんですかsign02

ふふふ・・・snail

-----------

 元カレは理系の大学教授でした。

それはそれは忙しい方で、講演だとか会議だとかで

1年中走り回っていましたrun

時代が、その研究に注目していたのです。

「こんなに必要な学問になると思って研究してたの?」と質問したことがあります。

「いや、窓から見える風景が変わっただけなんだよ」と答えました。

「窓から見える風景?」

-----------

 長い間研究してきたことが、時代と共に

必要とされる分野へと変化をしてきたという意味でしたbook

なるほど・・・enlightened

別の研究者から聞いたことば、

「はやりモノばかり追いかけている研究者は、すぐに飽きられる」です。

これまた、納得enlightenedenlightened

-----------

 今、これをやると世の中が注目する。

この分野の専門家だといえば仕事が増える。 な~んて感じで

流行している言葉を多様して、「△△のエキスパート」と自称していると、

一瞬注目されても周囲は、すぐに飽きるのだそうです。

そして何年かすると、また別のプロになっていたりするthink

-----------

 研究者だけではない、自分の仕事も当てはまると

強く自戒したのでした。

発展的に変化していくのはyesだけど、

周りをキョロキョロして分かったフリをするのはnoですね。

仕事を通して、どのように社会に役役立っていくのか?

この仕事で誰が喜んでくれるのか?

新しい年を迎えた今、もう一度はっきりさせようsign01

と、思いますsign03

投稿者:疋田 幸子
疋田幸子

法政大学専門職大学院イノベーション・マネジメント科修了 経営学修士
法政大学大学院職業能力開発研究所特任研究員
株式会社フロインド代表取締役