おはようございます!

昨日は暖かかったですねsun 3月上旬の気温だったとか。

今日から気温はdownとか。

それでも、夕方になると陽が長くなったな~と感じます。

そんな今日この頃、

文章を読む時「何が書いてあるのか分からないthink」と思う時の

共通点を発見しましたsign01

「主語」がない、もしくは不明確なのです。

-----------------------

 チェックリストを作成するため、

各担当者から原稿を集めた時の出来事です。

その項目は、次のような文章でしたmemo

「OJTがない」

「コミュニケーションがない」

う~む、期待する回答が分からないthink

-----------------------

 チェックリストやアンケートの項目を作る時、

それを答える人が、「あっ!この場面のことだsign01」と

思い浮かべられることが大切です。

「OJTが・・・」 って、 「何の?」「誰が?」「いつ?」

全く分からない。

これは答える人に問題があるのではなく、

作成者に、イエローカードnoです。

-----------------------

 また、全項目の末尾が「ない」「ない」「ない」で

終わるのもng

それは、「ほら、できていないでしょう」と言わんばかりの

否定を感じるからです。

答える人は、「できない」「できない」を繰り返し提示されると、

「できない」がインプットされてしまいます。

-----------------------

 「誰が」「いつ」「何を」などを分かりやすく、

次の行動を呼び起こす質問設定が重要です。

確か・・・中学の英語で教わった「5W1H」ですねnote

仕事では、「5W2H」も登場します。

何しろ仕事のコスト意識は大切ですからhappy01

投稿者:疋田 幸子
疋田幸子

法政大学専門職大学院イノベーション・マネジメント科修了 経営学修士
法政大学大学院職業能力開発研究所特任研究員
株式会社フロインド代表取締役