こんばんはsign01

今日は一歩も家を出ることなく、自宅で過ごした一日。

すっかり母任せだった夕食も、久しぶりに担当いたしましたcoldsweats01

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

最近、病院、介護施設、地域、自宅のつながりを考える機会が多くなりました。

サポート先病院、介護施設の次年度事業計画立案をお手伝いしているからかもしれません。

サポート先病院、介護施設は、不定期ですが院内・施設内を

歩き回ることにしています。

それには2つの理由があります。

そこで働くスタッフの皆さんのお仕事ぶり、表情を拝見して、

感じ取ることから、その組織を元気にする仕掛けのヒントになるから。

もう一つは、顧客視点で、患者さん・利用者さんがサービス提供に満足しているのかを

確認したいから。

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

歩き回って思ったことの一つにデイサービスの在り方があります。

在宅サービスの一つであるデイサービス。

職員側からすると、「介護サービス」の提供です。

しかし、利用者さん側からするとどうなのでしょう。

お風呂に入れてもらえる、週に何回かお出かけする等

「介護を受ける」というイメージを持っていないのではないかと思うのです。

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

だったら・・・・

「今日は○○デイサービスにキリマンジャロの美味しいコーヒーをいただきに行くのよ~」という「お茶しにいくところcafe

「今日は○○デイサービスに映画、観に行くのよ~」という「映画館movie

「今日は○○デイサービスでルーブル美術館の写真集を眺めにいくのよ~」という「仮想美術館art

「今日は○○デイサービスで◎◎さんとおしゃべりしましょ!というお約束しているのよ~」という「井戸端」

こんな場所になってみるのはいかがかな~と思いました。

*・・・・・・・・*・・・・・・・・*・・・・・・・・*

働く側も楽しむ企画、利用する側も楽しむ場所を一緒に創ることができるのでは・・・・flair

勝手に考えてみた次第です。

 

私もいずれは利用者さんの立場になるかもしれない・・・と考えたとき、

デイサービスも施設も生活の延長と考えるならば、

今普通に楽しんでいる延長を少しでも楽しめれば嬉しいなぁと思いました。

 

思いつき企画でしたshine

投稿者:下田 静香
下田静香

法政大学専門職大学院イノベーション・マネジメント科修了
経営学修士