こんいちは!

東京はsun 風がふくと寒さを感じます。

季節が少しずつ変化しているのを感じますねnote

「縁」があるとは、こういうことをいうのかな?という現象が

今年になって増えています。 その1つのお話。

----------------------

 日曜日の夕方。都内じゃない某所。

出版について著者と編集者と3人で打ち合わせをしました。

著者は私の主治医です。

----------------------

 1月のある日。。。

主治医を含め、久しぶりの会食で賑やかに盛り上がっている時、

「先生、こんな感じの本を書かれてはいかがですか?」と提案しました。

「それは、いいね」 こんなキッカケで話はスタート。

翌日別の打ち合わせで友人に会うことになっていたのですが

その人が出版社につながりがあるのを思い出しましたflair

待ち合わせ時間ギリギリまで企画メモを作成sweat01

ダメモトで相談をしたところ、

「これは面白いですねyes 出版社をご紹介できるようにしますsign01

しかし相手はヒットメーカーの敏腕編集者です。

厳しい条件は付きましたが、早速「著者に会いたい」とトントン拍子note

----------------------

 出張の足を伸ばして下さるというので、急きょ打ち合わせを設定airplane

紹介者として私も同席しました。

話の進むスピードが速くて、もう~eyeは・・・グルグル状態dash

今年中に出来上がると嬉しいですねnote

----------------------

 持つべきは頼りになる友人happy01

「縁」のある話は疾風のように駆け巡るrun

そんな時・・・

一生懸命がんばらなくてはsign01

心を込めて取り組まねば・・・と思いますsign03

「第六感」に突き動かされる瞬間ですねhappy01

投稿者:疋田 幸子
疋田幸子

法政大学専門職大学院イノベーション・マネジメント科修了 経営学修士
法政大学大学院職業能力開発研究所特任研究員
株式会社フロインド代表取締役