今日で2月も終わり。早いですね~shine

 

先週、ラジオ番組「鈴木杏樹の行ってらっしゃい」は心理学がテーマでした。

話をする人の特徴から、心理を読み解くというもの。flair

 

話を盛る人は・・・・。eyesign01

このフレーズは聞き捨てならぬと聞き入りました。

なぜならば、私は美智子ですが、スタッフの中では、話を盛る「もりこ」と呼ばれているからです。

その、話を盛る人は、なんと虚言癖があるのだそうですsweat01

 

そして、次に話の腰を折る人は・・・・。

自己顕示欲が強い人coldsweats01

 

話しが回りくどい人catface

これは、自分に自信がない人。

 

見事な言われっぷりですね。crying

 

確かに、話を盛る人の特徴としては、ちょいと誇張表現があるかもしれませんが、まったく噓をついているわけではなく、聞き手も場を楽しませるためのいわゆる‥。リップサービス的なあるいは、表現力が豊かな人という印象を持ってくれているのではとhappy01

 

話の腰を折る人は、相手が話し終わるのを待つ我慢をしましょうとgood

 

むしろ、話が回りくどい人

これが問題ではないかとsign01

丁寧に説明しようとするがあまり、最終的に何を言いたかったのかわからなくなったり、聞き手をイライラさせます。

こういう人は、結果を先に述べて項目を一つ目は、二つ目はと、伝えられる練習をしましょう。

 

ほら解決sign01

私は、心理学はわかりませんが、これまでの人間観察から美智子学を推奨していますflair

へへcoldsweats01これが盛子といわれるゆえんですscissors

投稿者:福島 美智子
福島美智子

大学を卒業後、ビデオ製作会社にナレーターとして入社。
その後、フリーアナウンサーとして各種式典の司会、イベントや結婚式の演出や進行を含む司会者として活躍。
ボイストレーニングを基本に仕事や普段の生活で活用できるオリジナル手法「ボイササイズ」の考案や、人材育成研修講師として活動中。
NPO法人日本話しことば協会認定講師