今日は、”プレミアムフライデー”shine

ほうほう・・・・夕方、がっつり仕事をしておりました。

24時間仕事をする病院、介護施設は無縁の政府の取り組みでございます・・・・think

*・・・・・・*・・・・・・*・・・・・・*

今日は、目標に取り組むことの意義を病院の職員の皆さんにお話する研修でした。

たまたまですが、安倍政権の「働き方改革」、「同一労働同一賃金」のことを考える機会があったこの一週間。

今日の研修は、これまでも同じテーマでお話する機会がありましたが、

これからの本当の働き方をお話する、大変いい機会をいただいた研修でした。

*・・・・・・*・・・・・・*・・・・・・*

「働き方改革」は、現場の社員・職員からすると、自分の要望、都合によって選択できる仕組みに捉えられていることは否めません。

そもそも、そこが明確に政府から明言されていないですから・・・。

でも、「働き方改革」は、ことば先行で動いています。

改革する必要がない人も、「今よりもちょっとだけ楽に仕事ができるかも・・・」な印象を与えているように思われます。

*・・・・・・*・・・・・・*・・・・・・*

医療・介護の業界では、人材紹介会社のサイトを見ると、

「残業なし」「夜勤なし」「年収○○○円確実」など、カタチだけの処遇ばかりで

楽に仕事をするためには・・・の情報ばかりです。

紹介会社の利益追求は確かにありますが、医療・介護業界の底上げを考えた発信なのでしょうか・・・

*・・・・・・*・・・・・・*・・・・・・*

それよりも、これからの超高齢化社会は、若年層の方たちが、

「魅力ある職場」を選択することではなく、

「魅力ある仕事の仕方」を自分でするためにどうすればいいかを伝えることが日本社会の責任だと思います。

そのためには、職場・職業選択も大切ですが、「仕事をする・したときの楽しみ」を伝えることが

後世への日本の労働力を強化することになるのでは・・・と感じた一週間。

 

あ! その〆の今日って、プレミアムフライデー…

仕事への楽しみにつなっがってるかな…

投稿者:下田 静香
下田静香

法政大学専門職大学院イノベーション・マネジメント科修了
経営学修士