まだ梅雨明け宣言はされていないというのにこの暑さsun

夏が苦手な私には非常につらい季節ですsweat02

 

さて、いましがたTVでお宅訪問でご飯を紹介してもらう番組がありました。

ここで、気になった受け答え。eye

 

前略して・・・。

番組D「すごいですね~!初めてみました!」

出演お宅のご婦人「みんなそういいます。」

番組D「お宅のご飯を見せてもらっていいですか?」

出演お宅のご婦人「晩ですか?」「それならいいですけど・・・。」

 

と、こんな感じなのですが、終始そのご婦人の言い方は上から物を言う感じが伝わってきて素直さに欠ける人柄だなあという印象を受けました。

 

最初の、受け答えは、目のまえで発言をしている人の意見を受け入れておらず、「いつも言われているのよ。その感想には飽き飽きしてる。」

に聞こえます。

ならばどういえば相手を受け入れて言葉のキャッチボールができるのか。

 

たとえ、いつも言われていてもこのように言い換えては?

「初めて見ました!」

「そうですか。(と、いったん意見を受け取る)皆さんによく言われるんですよ。」

 

次の会話では。

「ご飯を見せてください。」

「ご飯ですか!今は何もないのですが夜ならば大丈夫です。」

 

と、相手の話を肯定的に受け入れるとその後の話も自然にスムーズに進みます。

 

人とのコミュニケーションは挨拶から始まり、会話を重ねることにより、相手との距離が近くなりそれが信頼関係へとつながっていきます。

3つのC・・・conversation →   communication → connection

 

たった一言の物の言い方でその後につながらない事ってよくありますよ。

相手の気持ちを受け止めていますか?

投稿者:福島 美智子
福島美智子

大学を卒業後、ビデオ製作会社にナレーターとして入社。
その後、フリーアナウンサーとして各種式典の司会、イベントや結婚式の演出や進行を含む司会者として活躍。
ボイストレーニングを基本に仕事や普段の生活で活用できるオリジナル手法「ボイササイズ」の考案や、人材育成研修講師として活動中。
NPO法人日本話しことば協会認定講師