気温のジェットコースターに乗せられている10月maple

きんもくせいの香りに秋の訪れを感じます。

 

さて、あなたの周りにこんな人はいませんかsign02

自分の趣味の話はどんどん話すのですが、会話となると続かないひとcoldsweats01

 

例えば、

Aさん「少子化だけど過疎地の保育園に入る子供はたくさんいるのでしょうか?」の質問に・・

Bさん「いるのよ。」・・・・沈黙

 

Aさん「お子さんは、教育関係の学校に通っているのだから先生を目指しているの?」

Bさん「うちの子は先生にはならない・・」・・・沈黙

 

Aさん「暑いね。」

Bさん「夏だから。」・・・沈黙

 

これでは、こちらが次の質問をしない限り話が続きませんよねsweat02

 

結果を先に伝える方法は、聞き手にわかりやすいのですが、結果の後に、「なぜならば・・・」

の理由を説明しなければ、説得も納得もありません。

最初の質問で質問者が、何を聞きたいのかをくみ取っていかなければ会話は続きません。

 

それこそコミュニケーション能力を問われるポイントとなるでしょう。

 

Yes or Noの後にBecauseを付けて話をすることを意識してみると、会話がすっきりし、次の会話の種もまけるのではgoodshine

投稿者:福島 美智子
福島美智子

大学を卒業後、ビデオ製作会社にナレーターとして入社。
その後、フリーアナウンサーとして各種式典の司会、イベントや結婚式の演出や進行を含む司会者として活躍。
ボイストレーニングを基本に仕事や普段の生活で活用できるオリジナル手法「ボイササイズ」の考案や、人材育成研修講師として活動中。
NPO法人日本話しことば協会認定講師