こんにちは 東京は 

が長く続いている地域は、十分にご注意下さいね。

昨年の今頃は九州に出張中でしたが

土砂崩れで鉄道移動が、不可になったのを覚えています

**********************

 以前から気になっているのですが、

「敬語」を使ったからといって、全然「敬意」を感じない。

むしろ・・・な時(人?)があります(います)

**********************

 ある種のサービス業では、「まぁ、〇〇だから仕方ないか・・・」と

諦める時があります。、

若い社会人の二重敬語は、「まずはチャレンジが大切。頑張れ」と

「やってみる」に拍手を送ります(だんだん上手になってね

**********************

 一番なのは、「自分はできている」と

自信があるというか、プライドが高いというか

分かったような「オトナ」です。

何でも名詞に「お」を付ける。

「さようでございますか」とか「存じます」とか

使いこなせているなら「素晴らしい」ですが。。。「残念」が多い

**********************

 オトナの二重敬語や「何でも『お』」は

稚拙な印象を与えるので要注意

特にメールを書く時は、必要以上の丁寧さは

内容よりも「慇懃無礼」な人柄を感じます。

不要な敬語は使わず、

読む人に簡潔に伝えられることがポイント

**********************

 「敬語のふり?」は、

決して敬語の役割を果たしているとは・・・言えないですね

オトナになったら、どれくらい簡潔な敬語が使えるか

重要だと思いますよ

投稿者:疋田 幸子
疋田幸子

法政大学専門職大学院イノベーション・マネジメント科修了 経営学修士
法政大学大学院職業能力開発研究所特任研究員
株式会社フロインド代表取締役